無線LANだって不具合がある

ケーブルがぐしゃぐしゃした中でイライラするなーと思いながらインターネットを使っている人は、無線LANにするとスッキリして、仕事も遊びもサクサク、インターネットがいい環境で利用できるようになります。
無線LANが簡単に接続できるようになったことで、一般家庭でも無線LANの接続設定を行い、ストレスのない環境でインターネットを楽しむことができるようになってきています。

無線LANのルーター、子機内蔵の機器(パソコンやスマートフォン、タブレットなど)があって、接続設定だけすれば楽に無線LANが利用できるようになるのですが、住宅の環境などによって接続がうまくいかない、快適とは言えない、かなり速度が遅い…と感じる方も多いです。
なぜこうした不具合、接続の不安定が起るのでしょうか。

無線LANの場合、有線とは違いケーブルを利用して通信するという事ではなく、無線で電波を飛ばしてインターネットに接続します。
そこに障害となるものがあれば、勿論速度が遅くなったり、不安定になったり、時にはつながらないこともあります。
特に2階建ての住宅の場合、無線LANルーターの置き場所に問題があったり、中継器が必要という環境もあるので、無線LANを導入する前に、住宅事情、環境を明確にしておく必要があるのです。

簡単、でも場合によっては接続できずに悩むこともある無線LANですが、便利な事には間違いありません。
当サイトで無線LANの接続で住宅環境によっては影響が出るかもしれないという知識を持っていただけたら幸いです。